自己PRを書くときの項目shukatu-success.com




自分のための自己PRを書く

 興味があり、やってみたい仕事(職種)を前提にし、自己分析をベ−スにした 自分のための自己PRを「具体的実例」を入れて書いてみると、自己(私)を再認識できます。


自己PRシート  自己PRシート.doc ワード編集




個性豊かな自己PRの書き方 (面接用に 1分用 と 3分用 を書く)

 自己PRは、私はこういう人間ですと相手に理解してもらうものですから、自分自身を客観的に観察し、自分スタイルのオリジナルで、事実や体験に基づき簡潔に分かり易く明るい雰囲気で書くことです。

 内容は、自己分析をベ−スに、自分のそのままを書き、何度も添削して、読み返し納得するまで 自分の言葉で書き直します。


面接試験の質問 自己PR


 面接試験の質問は、提出した履歴書エントリ−シ−トをベ−スに話が進められる





 自分の魅力を、少なくとも10個は言えるように準備する


自分という商品の特徴を知り、高める。 皆さんの 「キャッチ フレーズ」 は何?



 学生のキャリア 企業が知りたいこと



自己PRを具体的な実例を入れて書くときは、次の項目を入れます。

  1. 長所、短所、セ−ルス・ポイント、自信のあること。
  2. 性格、日頃の信念。
  3. 得意なこと(資格、技術、持っている知識、語学力など)
  4. 大学生活(専攻科目、ゼミ、卒論、研究室、卒研、サ−クル、クラブ、体育会、その他)の状況とそこで得たものとやったこと。
  5. アルバイトの経験と得たこと。
  6. 友人関係と交流の状況。
  7. 私の資質、興味等志望企業のビジネスに向いるので、御社を志望した。
  8. 私の、資質、興味、学問、経験、ロマン等より、御社でこんな仕事をして活躍したい

なお、自己PRに作り話を入れると、アピ−ル力が弱く、話しの筋がおかしくなり、真実ではない事が相手に分かります。







SPI ・適性検査の ベストセラー

一般常識・作文の ベストセラー



  お勧めコンテンツ
    ☆ ☆ ☆
Copyright (C) 就活サクセス研究所. All rights reserved.